STREAMLIGHT TLR-8

私が大好きなストリームライトから、最新モデルSTREAMLIGHT TLR-8が発売されました!

やっと手元に届いたので、詳細を見てみたいと思います(^^♪

光物は、ハマるとなかなかやめられませんw

TLR-7というライトのみのモデルも発売されていますが、今回入手したのはTLR-8というレーザーサイトが一体になったタイプです。

LEDライト(小さいのに4モードの点灯パターン)付きのキーホルダーもセットでお得です!



スペックは裏に書いてますね。


さて、本体を見てみましょう!

とにかくコンパクト!



コンパクトなのに123Aが一本入り、500ルーメンとレーザーサイト!


全長は、約5.5㎝




ベゼルとレンズはこんな感じです。


このモデルは、スイッチ部分ではなくレンズ部分を取り外して、前から電池を入れるようになってました。


後は、123Aの+を奥側にして入れるだけです。


電池を入れるためにベゼル部分を回して取り外しますが、電池を入れて最後までねじ込むと通常通りスイッチが有効になり、スイッチにて点灯が可能になります。

最後まで締めこんだ状態から外す方に少しベゼルを回すと、途中でカクっとした感触のある位置があります。

その状態だと、スイッチを押しても点灯しないオフモードのような機能が付いてるようです。

カクっとする感触を気にせず回せばそのままベゼルが外せますので、勢いよく回すと気づかない事もありそうです…



このライトも以前のモデル等と同じく、取り付けるガンに合わせてレール部分のパーツを変更できるんですが、そこが少し面倒な構造になってました。

スペースの問題で仕方ないとは思いますが…

レールのプレートを交換するには、上部の固定用ネジを抜き取る必要があります。




因みに以前のモデルは、プレートを固定するためのネジが独立して付いていました。


今回は、ガンに固定するネジが兼用の設計になってますので、レールプレートを交換するには、ガン固定用のネジの先に付いているCリング取り外す必要があります。

新品時は、まだ取り付けられていませんので、好みのレールプレートを決めたら、最後に付属の部品を使って取り付けるようになってます。





面倒なら、最悪このCリングは無くても固定できますが、付けた方が間違いないと思います。

因みに、これだけのプレートが付属しています。(左上のプレートは、購入時に本体に付いていました。)



私が持っているマルイ GLOCK22と、同じくマルイ M&Pに取り付けてみたいと思います(^^♪

まずはGLOCK22ですが、レールの幅と位置を考えて、UNIV-1を使用します。



取り付けると、こんな感じになります。

トリガーガード部分はピッタリ付きますが、少し後ろに下がった位置になります。

マルイからGLOCK19が出たら、間違いなくジャストフィットするんじゃないでしょうか。



次はM&Pですが、こちらは1913-2と1913-3の二種類のプレートが使用できました。


付けるとこんな感じに!

1913-3だと前は面一になりますが、トリガーガード側が少し空きます。



1913-2だと、前後共にバランスよく付きました!


一通り揃ったので、後は購入するガンによって自由に付け替えができそうです(^^♪

TLR-8に対応したホルスターもどんどん出てきてますので心配は無さそうですね!


見て頂きありがとうございます!















同じカテゴリー(武器紹介)の記事画像
GUARDER G26/27 Original Style Frame
TLR6が届いた!
USMSはカッコいいな~!
ACOGは却下…|д゚)
私事ですが…
U.S.SECRET SERVICEも特注か|д゚)
同じカテゴリー(武器紹介)の記事
 GUARDER G26/27 Original Style Frame (2018-01-29 11:43)
 TLR6が届いた! (2018-01-07 22:48)
 USMSはカッコいいな~! (2017-07-21 17:51)
 ACOGは却下…|д゚) (2017-06-25 13:38)
 私事ですが… (2017-06-17 09:42)
 U.S.SECRET SERVICEも特注か|д゚) (2017-04-08 13:55)

2018年03月11日 Posted by i-eaki  at 11:46 │Comments(0)武器紹介

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。